くせ毛の悩み.net > くせ毛の種類


くせ毛と縮毛の違い

くせ毛とか縮毛とか言いますが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。実際には、くせ毛と縮毛の違いはほとんどないのだそうです。
名前が違うだけで、くせのある髪質であることは同じようです。
また、くせ毛という大きなくくりがあって、その中の一つとして縮毛があるとする場合もあります。

例えば、縮毛矯正などという場合には、くせ毛の矯正と同じ意味と考えていいと思います。縮毛にも、くせ毛と同じように、毛のうの角度のねじれ具合や、断面の形の扁平・いびつさに違いがあります。
三角や四角状の髪のこともありますが、大まかに分けると5種類あります。
1.うず状毛
2.らせん状毛
3.暖波状毛
4.短波状毛
5.長波状毛
の5種類です。

縮毛などくせ毛の人は、髪が乾燥しがちで切れやすいです。
髪が曲がっているので、空気の通り道ができてしまうからです。
水分を補給できるヘアケア剤を使うようにしましょう。

くせ毛の人の中には、雨の日には髪の毛が広がって益々まとまりがなくなってしまう・・・という人が多いと思います。
それは、くせ毛は水分がなく、大気の水分を吸収してしまうからなのです。縮毛の人も、スタイリングの時には苦労していると思います。
くせ毛の髪は、水分を含んでいる時の方が動きが出るのでスタイリングしやすいです。

スタイリングの時には、イオンドライヤーを使ってください。
イオンドライヤーは、大気中の水分を髪に与えながらブローすることができるのでオススメです。
posted by くせ毛猫 | くせ毛の種類

日本人に多い波状毛タイプのくせ毛

くせ毛に悩む人は多いと思いますが、一口にくせ毛と言っても、種類は一つではありません。様々な種類があり、くせの出方もそれぞれです。
個人的な体質が影響することもあれば、民族的になりやすいくせ毛があることもあります。

ストレートの黒髪のイメージの強い日本人ですが、実際にはくせ毛持ちの人が多い民族なのです。
また、アフリカは陽差しがとても強いです。そのため、アフリカ系の黒人などは、頭部を守る為に髪が縮れているのです。
また、髪が縮れる事で隙間から空気を入れて頭皮の温度を抑える効果もあるのです。白人は、濡れるとウェーブの出るくせ毛のことが多いようです。

それでは、いろいろなくせ毛の種類を紹介しましょう。
自分のくせ毛のタイプを知っておけば改善方法も自ずから分かってきます。

波状毛
日本人をはじめ、アジア系に多いタイプのくせ毛です。
髪が波のようにうねったように見えるのが特徴ですが、ウェーブの大きさは様々です。

捻転毛
髪がねじれているタイプのくせ毛です。
髪の1本1本がねじれていて、太さに均等感がないのが特徴です。
パッと見では、くせ毛に見えない場合もあります。

連球毛
髪の太さや細さにかなりのバラつきがあり、とても切れやすい髪です。
凍った髪をイメージすると分かりやすいと思います。手触りもゴワついています。
縮毛矯正やストレートパーマも避けた方がいいです。

縮毛
アフリカ系の黒人に多いタイプです。
チリチリと縮れたようなくせ毛で、縮れている上、ねじれも細かいのが特徴です。

posted by くせ毛猫 | くせ毛の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。